1987年3月15日日曜日

明かりをつけましょぼんぼりに〜♪

西安義行さん行方不明事件

1987年(昭和62年)3月15日
兵庫県市島町(現:丹波市)の自宅から、
高校時代の友人(石川靖さん)と京都府舞鶴にドライブに出かけ、「海を見て食事をして帰り、西安さんは、綾部駅近くで『列車で帰る』といって降車」した。

1時間後、西安さんは、「無事着いたか?」と春日町(現:丹波市)の友人(石川さん)宅に電話。
その後の消息が不明。

失踪当時42歳

失踪後、不審な電話や訪問があった。

1、男性の声で「僕、学校の横」という不審電話。
  1987年5月、母の久子さん(68)が電話を取ると、小さな声で「僕、学校の横」と聞こえた。
  震える声の主は息子と思えた。「義行やろ」。声をかけると、電話は切れた。

2、女児の声で「明かりをつけましょ ぼんぼりに〜」という不審電話。
  1993年3月ごろ、女児がたどたどしく「歌うから聞いて」と告げた。
  「明かりをつけましょ ぼんぼりに…」
  ふと思いつき久子さんは問うた。「あんた、義行の子か?」
  返事はなかった

3、地下足袋を履いた2人組の訪問。
  1998年、地下足袋を履いた2人組が近所の区長宅を訪問し、
  「西安義行の両親の家はどこか」と尋ねる。
  二人は「西安さんが結婚する相手の近所の者」と名乗った。

4、20年後の不審電話
  2007年11月、女の子が「圭子さんはおられますか」と電話してきた。
  留守を告げると、電話は切れた。

0 件のコメント:

コメントを投稿